電脳やおい少女

「電脳やおい少女(1)」中島沙帆子 4コマの単行本というのは月4~6ページ程度という掲載量の関係上、刊行ペースが数年に一度、ということになってしまいがちです。で、それが第一巻だったりすると、絵柄の進歩が著しく、はじめのほ[…]

もっと読む