フリーランチの時代

「フリーランチの時代」小川一水* この作者はとことん壮大な話を作るのがつくづく上手で、「千歳の坂も」などは星新一の「生活維持省」のように始まるかに見せて、なんと大きいところに着地することか。

もっと読む

2008年01月08日

「第六大陸 2」小川一水*Amazon 「えっ、ここで終わりなの?」という読了感。物語的にはここで終わるのが一番なのはわかるんだけど、世界としてはここからが一番面白くなるだろうなあ、というところで終わってしまった。しかも[…]

もっと読む