不良少女

短編集。しかも、非常に消化不良の感が残る形の。 表題作「不良少女」の展開は、長編の出だしを思わせるに充分で、何の工夫もしなくてもそのまま続きが書き出せそうなのに、これが短編として出版されてしまったと言うことは、今後この続[…]

もっと読む

誰もわたしを愛さない

「誰もわたしを愛さない」樋口有介 刺青白書に続く柚月草平もの。シリーズものはしばらく遠ざかっていると、その世界のノリにひたれるようになるまで時間がかかってしまうのですが、前作から間をおかずに読めた結果、すんなりと入り込め[…]

もっと読む

刺青白書

「刺青白書」樋口有介 一連の「柚月草平シリーズ」で、前作から間をおかず買ったものの、最初だけ読んでしばらく積んでいた作品。今回改めて読んだらすんなり読めました。

もっと読む