パズル崩壊

「パズル崩壊」法月綸太郎 他のアンソロジーに収録されていた作品もちらほら。この人は「書けない」と言うことを売りにして書いているあたり、私小説の一連の技法なんかと対比して考えてみたら面白いかも知れません。

もっと読む

一の悲劇

「一の悲劇」法月綸太郎 「誰彼」より良かったです。二転三転し過ぎていない。もっとも、登場人物の数が少なかったのもその一因ではあるでしょうが。

もっと読む

誰彼

「誰彼」法月綸太郎 「たそがれ」。これまでさんざん言いたい放題言って来ましたが、この本はいいですね。真相(とおぼしきもの)が二転三転して、一生懸命ついていこうとするとクラクラ来ます。私は半分くらいのところであきらめました[…]

もっと読む

法月綸太郎の冒険

「法月綸太郎の冒険」法月綸太郎 なんというか、学生時代に原案を作ったという作品のほとんどは無理があるし、図書館物は本人が書いているようにいわゆる「図書館の自由」を無視しているしで、どうにもよい読後感がありません。文章に目[…]

もっと読む

ミステリーアンソロジー 誘拐

「ミステリーアンソロジー 誘拐」有栖川有栖・五十嵐均・折原一・香納諒一・霞流一・法月綸太郎・山口雅也・吉村達也 以前「これを読めば有栖川はコンプだ」という旨のことを書きましたが、学生編でも作家編でもないやつはまだまだ読ん[…]

もっと読む

頼子のために

「頼子のために」法月綸太郎 第一章を読んで、「これがこういう展開だったら面白いよな」と思った展開がズバリ当たってしまいました。最近、どうも推理小説に関してはませすぎてしまったようです。しばらく距離を置きましょう。SFくら[…]

もっと読む

雪密室

「雪密室」法月綸太郎 この人は文章が少し合わないかも。特に、私の嫌いなラレル敬語とマセンの代わりのナイデスがある点などが。ナイデスは自分もよく使ってしまうのだけれど。私が会話中にナイデスを使っていたら指摘してくださると幸[…]

もっと読む