Story Seller 3

さだまさしの小説、初めて読みました。「片恋」。真相というのは読者にはよっぽど早くから薄ぼんやりとわかっているんだけど、それがわかってから、あんな処理をするとは。

もっと読む

Story Seller 2

出先で購入。出先で空き時間のために買うときは、リスクヘッジでアンソロジーを買うことが多いです。万一合わなくっても、別の作品を読めばいいので。さらには、好きな作家だらけだったのではずれることがないだろう、と。 収録作品は、[…]

もっと読む

絶海

「絶海」恩田陸・歌野晶午・西澤保彦・近藤史恵 恩田陸の「puzzle(パズル)」、歌野晶午の「生存者、一名」、西澤保彦の「なつこ、孤島に囚われ。」、近藤史恵の「この島でいちばん高いところ」と、400円文庫で出ていた4作を[…]

もっと読む