朝霧

  • 「朝霧」北村薫

《私》に年齢を追い越されてしまった。「小説の中の人物に追い抜かれる」というのは稀。「小説の中の人物を追い抜く」というのはよくある話だが。
特に、遅筆の作家だったりするとそれはいちじるしく、中学三年になって突然「ゲド戦記最後の書」を読むことになったり、今でも富士見ファンタジア文庫の最新刊を待ちわびたりしなくてはいけなくなったりする。読み始めたときに余よりも年下だったのが、もうすぐ始に追いついてしまいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください