「とびだせ漂流家族」小坂俊史

ページの偶奇を調整するために小さく載っている四コマが三本ありますが、これがどれも秀逸でした。

作品全体としては、ファミリーものでも引っ越しものでもなく、借金夜逃げもののようになってしまっていたのが残念だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください