「玻璃の天」北村薫

「玻璃の天」北村薫
前作「街の灯」文庫)に続く、昭和初期を舞台としたミステリーです。前作を読んだとき、昭和初期という設定からして、当時の戦争へと向かう空気をどう作品の中に取り込んでいくのか、という点が気になっていました。今作では、それが生きてきています。
このシリーズは、続くのでしょうか。私は、これで終わりなのかな、と思いましたが。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください