乱鴉の島

  • 「乱鴉の島」有栖川有栖

ノベルズになっていたので購入。

臨床犯罪学者火村英生と推理小説作家有栖川有栖のコンビによる、いわゆる「作家アリス」の長編。烏島という孤島に取り残された中で発生する連続殺人事件に巻き込まれるという、「クローズド・サークル」もの。

有栖川有栖さんの作品は、沢山の仕掛けをにじませておきながら、ある一点を突破することによって謎を解き、犯人を確定させる形の解決が多くあります(「スイス時計の謎」など。)本作もその形の謎解きで、ある意味拍子抜けしてしまうのですが、逆にそのシンプルさが「何でこんなことに気づかなかったのだろう」というしてやられた感にもつながるような気がします。

ところで、推理小説としては重要な点ではありませんが、犯人が明かされたあとの動機がとってつけたような弱いものであったように思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください