砂漠

  • 「砂漠」伊坂幸太郎

東堂、南、西嶋、北島、鳥井という5人の大学生活を描いた作品。もちろん伊坂作品ですから、そこには超自然の力があったり(そして案の定それを特別に不思議がったりしなかったり)、大きな事件があったり(を伊坂節で何気ないように書いたり)するわけですが、他の作品に比べたら、むしろ至って普通の「青春小説」だったんじゃ無かろうかと思います。

仕掛けもありますが、決してメインではないでしょう。これで驚かそうという魂胆は作者にはあまりなかったように思えました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください