八番筋カウンシル

  • 「八番筋カウンシル」津村記久子*

30を間近に控えた中学時代の同級生の3人が、生まれ育った商店街で新たな店を始めようとするところに、近くで大型ショッピングモールの建設が計画される、という話。以前読んだ「君は永遠にそいつらより若い」に比べたら、ずっと筋が「文学らしい」話のように思えました。最後にはカタルシスらしき展開もあるし。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください