終末のフール

  •  「終末のフール」伊坂幸太郎

8年後に小惑星が地球に衝突して、人類は滅亡することが確定した。それから5年後、混乱期を越えて、人々はひとときの小康状態とも言えるような落ち着きを取り戻しているかに見えた、という状況下の仙台近郊ニュータウンの人々を描いた短編集。

伊坂幸太郎の作品は、基本文庫になった時点で購入するようにしてまして、内容は読むまで全く知りませんでした。上記のような枠組みも、読み始めて承知した次第です。いつもの伊坂作品らしい人々がたくさん出てきて安心しました。途切れ途切れに読んだので、後半に出てくる「前半の伏線を生かした部分」を消化しきれなかったのが残念です。でも、もう一回読むかどうかは考え中。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください