セリヌンティウスの舟

  • 「セリヌンティウスの舟」石持浅海

これまで私が読んできた中では「」や「」、「」と同じようなタイプ。「扉は閉ざされたまま」も石持浅海作品で、しかも同年の発表だそうです。

上記の作品たちが、登場人物たちの相互不信を軸に物語を進めていたのに対し、登場人物たちに確固たる信頼関係が築かれている、というのが本作の特徴になるのだと思います。その物語設定にも、話の展開にも納得できました。

ただ、最後の2ページの登場人物の行動だけは理解できません。直前まで議論していた内容によれば、その行動は取れないのでは……

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください