らいか・デイズ、遠野モノがたり、のはなしに


小坂俊史の作品には、一コマ目で出たベタな状況について二コマ目で「どうせ○○なんだろ?」とか言わせておいて最後にそれをもう一ひねりする、というのが多くありますが、それを一歩先に持って行くと「」などのアッパー系の作品に、それ以前の段階で問題がありました、と持っていくと本作や「」などになるような気がします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください