ここ3週間

「東京大学応援部物語」最相葉月 「CONTENT’S FUTURE」小寺信良・津田大介 「要するに」山形浩生 山形浩生の本初めてか。 「死神の精度」伊坂幸太郎 前々から「文庫落ちしたら読もう」と思っていたので[…]

もっと読む

トリコロ 仮面の島

「トリコロ MW-1056 特装版 (1)」海藍 ラノ漫というブログでトリコロ特装版が出るという話を知ったのが2月6日。それからアマゾンはあっという間に品切れし、どうしようかと悩んでいたところ、セブンアンドワイの書店で2[…]

もっと読む

2003年01月18日

「翡翠の城 建築探偵桜井京介の事件簿」篠田真由美 一気に読むのではなく、途切れ途切れに読んでいたら途中で訳が分からなくなってしまいましたので、そのまま自分で考えることをやめて読了しました。 「灰色の砦 建築探偵桜井京介の[…]

もっと読む

2003年01月17日

「玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿」篠田真由美 なんか、露骨に不自然なことが目に付くなあ、ということで、多少分析的に読むことにしました。メモを取ったりするわけではなく、なんか怪しいところがあると、以前の記述と照合したり[…]

もっと読む

2003年01月16日

「未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿」篠田真由美 雰囲気、雰囲気。 「言語学のたのしみ」千野栄一* 千野栄一さんを知ったのは言語学のお散歩だったりしますが、この方の一般向けに書かれた本は、どれも言語学への興味を引かずには[…]

もっと読む

祝福の園の殺人

「祝福の園の殺人」篠田真由美 あんまり根性を読んで読まなかったからではありますが、近世ヨーロッパ風の城館で似た様な名前が多数登場したため、途中誰が探偵役だかも分からなくなってしまうくらい混乱しました。主要登場人物中4人の[…]

もっと読む