2003年07月07日

「天使の屍」貫井徳郎 「子どもが死んで、親が子の同級生に尋ね回ったりして子の死の真相に迫る」というパターンはありがちな気がして、特に「」に代表されるような結末に終わってしまうのかと気を揉んでしまうのですが、さすがにそんな[…]

もっと読む

2003年02月13日

「ヴァーチャル日本語 役割語の謎」金水敏 岩波書店の〈もっと知りたい! 日本語〉のシリーズは、他の日本語本シリーズとは一線を画して、現役最先端の先生方(私ですら7人中5人知っている)が書いていらして、そのテーマにも惹かれ[…]

もっと読む

2003年02月09日

とりあえず、1月22日以来サボっていた読書リストを。 「赤ちゃんをさがせ」青井夏海 「失踪症候群」貫井徳郎 「翼ある闇」摩耶雄嵩 「宿命」東野圭吾 「そして夜は甦る」原尞 「私が殺した少女」原尞 「さらば長き眠り」原尞 […]

もっと読む

2003年01月08日

TripodのCGIは、リソースを1秒以上使うようなスクリプトを強制停止する。でもって、この制限に引っかかってfan_exam.cgiが夜中にまともに動かない。試してみよう、という方は朝方とか昼間とかを狙ってください。お[…]

もっと読む

慟哭

「慟哭」貫井徳郎 名前から、なんとなく結構歳のいった人だと思っていたのですが、実はまだ若くて驚きました。 で、内容ですが、「こうだったら一番意外性があるよなあ」となんの根拠もなく考えていたのが当たってしまって、残念。こう[…]

もっと読む