フィッシュストーリー

  • 「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎*

他の作品で見かけたような気のする名前がちらほら。伊坂幸太郎の作品のほとんどが他の作品とつながりを持っているということは知っているのですが、いかんせん固有名詞を記憶するのが苦手で、そのつながりに気づきません。

つながりなど関係なく、どれも面白い作品なのですが。特に、表題作『フィッシュストーリー』は、「ラッシュライフ」などにあるような、断片的に語られるストーリーが最後に収束するようなカタルシスが味わえました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください