君は永遠にそいつらより若い

  • 「君は永遠にそいつらより若い」津村記久子

芥川賞を受賞したばかりの作家というはやり物に乗ってみる。日経BPでの千野帽子さんの紹介で、「アレグリアとは仕事ができない」を知って、あわよくば図書館にないかと探したのですが、アレグリアも、芥川賞受賞作の「ポトスライムの船」もなく、本書を借りてきた次第。

地方公務員への就職を決めた大学生が、自分が処女であることにコンプレックスを抱きつつ、逍遙する話。卒業に必要な単位を取って、就職を決めてとしっかりしつつも、全体に流れるダメさは、森見登美彦を彷彿とさせます。他の作品も読んでみたいと思いました。

1件のコメント

  1. ピンバック: JTCY

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください