モテキ

  • モテキ (1)」久保ミツロウ
  • 」久保ミツロウ
  • 」久保ミツロウ

年末帰省したときに、「モテ期が来ている」的なことを友人が言って、そこから思い出して購入して、恥ずかしさに何度も投げ出しそうになりながら読了。
このマンガは徹底的に主人公の視点から他人が見えているのに、主人公自身を描くときはどうしようもなく第三者視点で、女の子が主人公のフィルターを通した、美しく可憐(であるかのよう)に描かれる一方で、主人公の鼻の下の伸び具合や汗が、本を閉じて振り回したくなるくらいリアルで、それがいっそういたたまれなくさせて、だけれど続きは読みたくて、というジレンマに陥っていました。
家にはKの所有する同作者の「3・3・7ビョーシ!」があるので、また読んでみます。ところで、1巻の後書きのところでなぜかKが「うひょー」とか何とか叫んでいました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください