なぎなた

短編集。ただし創元推理文庫お得意の連作短編集ではなく、あくまで様々な場所で発表された短編をまとめた、単なる短編集。

お店で見かけてそのまま買いましたが、どうやら「こめぐら」という短編集と同時発売の模様。

「見られていたもの」という短編の頭に「この作品は後味が悪い」「作者自身、書いていて気味が悪くなった」という注意書きがあるのですが、それらしき内容が見当たらない。もしかしたらこれかな、と考えられる内容があるのですが、もしそれだとすれば、それを「後味が悪い」「気味が悪い」と形容する作者のセンスとは自分は全く相容れないな、と思いました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください