朝霧

「朝霧」北村薫 《私》に年齢を追い越されてしまった。「小説の中の人物に追い抜かれる」というのは稀。「小説の中の人物を追い抜く」というのはよくある話だが。 特に、遅筆の作家だったりするとそれはいちじるしく、中学三年になって[…]

もっと読む