魔王

  • 「魔王」伊坂幸太郎

前も別の本で話したかもしれませんが、「オーデュポンの祈り」がカタルシスに富む爽快な読後感であったので、どうしてもそれを求めてしまいます。

最後の方、ほかの人が乗り移ったようなしゃべり方をする場面、というのがいくつか登場するのですが、余り多くて誰が話しているのか分からなくなりそうでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください