スペース

  • 「スペース」加納朋子

昔e-novels(今調べたら無くなっているそうです)で冒頭部分だけ買って読んだ覚えがあったのですが、全く忘れていました。
」「」に続く、女子短大生駒子を主人公とする日常の謎ものシリーズです。前回「魔法飛行」では、章の終わりごとに誰にあてたとも知れぬ手紙が挟み込まれていましたが、今回は1章終わりに大量の手紙のやりとりで面食らいます。これまでのシリーズを読んでいれば、そこに「仕掛け」があることは明らかで、注意して読んでいったのですが、張り巡らされた謎は二重三重でした。前作をしっかり読んでからならまだ分かったところがあったかも知れません。
最初にこの一冊、というのはなかなか厳しいと思いますが、シリーズを読んできた方なら充分楽しめると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください